Home > 養成コースの紹介 > がん医療に携わるコメディカル養成コース

がん医療に携わるコメディカル養成コース

3つの養成コースがあり、博士課程のほか、看護師、医学物理士は修士課程も可能です。博士課程のない大学では、博士課程のある大学大学院での必須科目をeラーニングなどで履修することを条件に医学博士課程による履修も可能になります。看護師コースでは、看護実践スキル、リーダーシップ能力、組織変革能力の向上を図ります。

3つの養成コース

がん専門看護師養成コースがん専門薬剤師養成コース
医学物理士養成コース

腫瘍内科医養成コース

責任大学 千葉大学
研究科等 看護学研究科 看護学 がん専門看護師養成コース
養成人数 5人(4大学合計)
養成する専門分野 専門看護師
修業年限 2年(修士)、または4年(博士)
授与する学位 修士(看護学)、または博士(看護学)
取得が見込まれる学会認定医 がん看護専門看護師

がん専門薬剤師養成コース

責任大学 千葉大学
研究科等 大学院医学薬学府 先進医療科学 がん専門薬剤師養成コース
養成人数 5人(4大学合計)
養成する専門分野 がん専門薬剤師
修業年限 4年
授与する学位 博士(医薬学)、または博士(医学・筑波大の場合)
取得が見込まれる学会認定医 がん専門薬剤師

医学物理士養成コース

責任大学 筑波大学
研究科等 人間総合科学 フロンティア医科学、臨床腫瘍大学院 医学物理学基礎コース、医学物理学専門コース
養成人数 5人
養成する専門分野 医学物理学
修業年限 修士2年、博士4年
授与する学位 修士(医科学)、博士(医科学)
取得が見込まれる学会認定医 医学物理士、放射線治療品質管理士