Home > 関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点とは

関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点とは

「関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点」とは、千葉大学・筑波大学・埼玉医科大学・茨城県立医療大学(2009年度より参加)グループによる、集中的がん専門家養成プロジェクトの名称です。

関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点

文部科学省の大型プロジェクト「がんプロフェッショナル養成プラン」に千葉大学・筑波大学・埼玉医科大学・茨城県立医療大学のグループが選定されました。

「がんプロフェッショナル養成プラン」は、大学院教育の一環として、また大学附属病院を本拠地に、がん治療の専門医師、専門看護師、専門薬剤師、専門医学物理士などを重点的に養成しようとする計画で2007年度から開始されているプロジェクトです。国内でがん診療に実績のある施設において、さらに集中的にがん治療の専門家養成を目的とし、文部科学省によって18のグループが選定されました。

千葉大学・筑波大学・埼玉医科大学・茨城県立医療大学では、4大学が一体となって、「関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点」プログラムを展開します。

概要パンフレット2009年度版 概要パンフレット2008年度版
4大学の取り組み紹介

がんプロフェッショナル養成プラン

文部科学省が中心となって、がん医療の担い手となる高度な知識・技術を持つがん専門医師及びがん医療に携わるコメディカルなど、がんに特化した医療人材の養成を行うため、大学病院等との有機的かつ円滑な連携のもとに行われる大学院プログラムを支援するプロジェクト。国公私立大学から申請されたプログラムの中から、質の高いがん専門医等を養成し得る内容を有する優れたプログラムに対し財政支援を行うことにより、大学の教育の活性化を促進し、今後のがん医療を担う医療人の養成推進を図ることを目的としています。